読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エストレアFC

大阪・兵庫で活動する青少年・少女向けフットボールクラブです。

U-7 TM

9月3日(土)
U-7 TM @私部公園グラウンド

 

vs FC CANVAS
4-0
ひろと3
しょう

 

vs FC サルヴァ
0-4

vs FC CANVAS


2-1
しゅうざ、ゆうき

 

vs FC サルヴァ
0-4

 

FC CANVASの皆さま、FCサルヴァの皆さま、対戦していただきありがとうございました!
またよろしくお願い致します。

 

相手がいてサッカーをしていること。
自分たちの世界だけでサッカーをしないこと。
相手をよく見ること、観察すること。 

 

を意識してTMに臨みました。

 

少しずつ少しずつですが、出来るようになってきました。


相手をよく見て逆をとる、前だけではなく後ろに引いてからボールをずらす、相手をかわした後のスピードを上げてゴールへ前進する。

 

その流れから得点が生まれることはなかったですが、相手のゴール前までは近づくことが出来ました!

 

もちろん相手を見るということは、自分の顔を上げるということです。
すなわち、ボールだけを見てコントロールしていてはなかなか難しいですよね。
練習からボールを見ずにでも操れる技術を高めていかなければいけません。

 

1年生の中ではけんた、幼稚園生の中ではしょうが伸びてきていると感じることが出来ました!

 

 


話は少し変わりますが、、、

 

日頃の練習から本気で取り組んでいるのか。
まだまだ自分に甘い部分があるのではないか。
何を考えて試合会場まで来ているのか。

 

そういう部分が全てにおいて出てしまったのが4試合目だと感じます。

 

ボールを追わない、奪おうとしない、見ているだけ、奪われた後のプレーの意識、味方への文句、すぐに拗ねる、やる気

 

確かに1年生と幼稚園生にとっては、全ての試合で100%で臨むことはとても難しいことであり、出来なくても仕方ないとも思います。


しかし、全力でプレーせずして勝ち負け以外に何を得られますか?

 

全力でプレーした先にある自信と課題。
そこを無くしてトレーニングや試合の意味はありません。

 

君たちにとって有意義な時間になるよう、コーチも努力します。


保護者の皆さま
遠いところまで応援と引率ありがとうございました!
またお忙しい中、お弁当やおにぎり、氷のご協力ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。