読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エストレアFC

大阪・兵庫で活動する青少年・少女向けフットボールクラブです。

第13回2017エストレアフェスタU-10

2月26日(日)
第13回2017エストレアフェスタU-10

 

5チーム総当たり戦

 

vs鷹合FC
3-1
ゆうご2 はるき

vsアクバスSC
0-5

vs AVANTI城南
0-5

vs JUMP FC
3-1
ゆうご じゅんいちろう しょうま

 

最終順位:5チーム中3位


MVP:きたぐち りょうたろう
全試合を通して、良い意味で安定したプレーができ、中盤でも攻守において動き続けることが出来ました。自信にしてください。


参加して頂いたチームの皆様、ありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します。


U12の試合への参加で半数がいない4年生をはじめ、3年生も怪我等が出ているので、2年生も2人呼んでの大会となりました。

 

まず試合前に


2年生に対しては、ミスをどれだけしてもいいから思いっっっきりチャレンジすること。成長に確実に繋がる。

3年生に対しては、1学年上だからと言って遠慮はせず、ここで活躍することを目指して欲しい。

4年生に対しては、気持ちの部分ではもちろんプレーでも引っ張っていけるようでないと、来年度中央大会を目指すなら厳しくなってしまう。

 

以上のことを伝えて試合に臨みました。


1試合目から4試合目まで通して
立ち上がり5分でのプレーの質とシュート本数。
受け身になりすぎず、相手の裏を狙う。
攻撃の枚数の意識とサイドバックまで相手のペナルティエリアに入る意識。
まず相手に何をさせられたくないのか?どこを塞ぐのか?

 

 

1試合目は良い入り方ができ、失点したものの終始自分たちがボールを握る展開で勝つことができた。

2試合目では立ち上がりのプレーは悪くなかったものの、1vs1で負け続け、常に数的不利。厳しい試合となりました。

3試合目では疲労感もあるとは思うが、あまりにも球際の部分で負け続けてしまいました。1人1人の気持ちの部分が本当に相手より勝っていたのか?試合前の自分たちの行動から含めてとても勝てる雰囲気ではなかったです。

 


どのように試合前を過ごすのか?
自分たちの中の危機感

 

 

再び整理して臨んだ4試合目では、素晴らしい入り方ができ、相手のエリアでボールを持ち続けました。
若干ではあるが、間延びしていたセンターバックと中盤の距離感も改善。
何より1人1人の勝ちたい気持ちが見れたことがよかったです。

 


今回の大会で試合の入り方がどれだけ重要かよく分かったと思います。
これからの各カテゴリーに活かして下さい。

 

 

2年生
チビりん以来のU10でしたが、本当に素晴らしかったです。次は積極的に声を出せるように。

 

3年生
個々において課題はあるものの、みんなをリードするプレーをしてくれたと思います。
攻撃参加の回数も多く良かったです。

 

4年生
まだまだ下の学年に引っ張られることはあるものの、網野合宿の頃と比べると自分たちから話すことが出来るようになり、自ら行動を起こせた場面もありました。
今後自分たちがどう変わるのかは、自分次第。意識改革期待しています。


また明日から頑張りましょう!

f:id:estrellafc:20170226225547j:image